【山を楽しむ】

山の楽しみは無限大。
楽しみを見つければ見つけるほど、山はさらに楽しくなる。
山が見たくて安曇野に越してきて、山に行かないと生きていけない(笑)プチ写真家いとうなおこが、限りなく主観的な山の魅力をご紹介します。
さ、あなたもご一緒に山へ。

・私の男は山だから・
私の男は山だから。大きすぎて家には入れない。
友人:「それじゃ、いつも会いに行ってるってわけだ、けなげだね。」・・・相手はいつも違うけどね(笑)。
山を擬人化して遊ぶ。 同じ山でも、季節や見る場所によって顔が違う。時に男性、時に女性。お気に入りの山をあちこちから眺め、一番好きな顔を見つけます。
今日は選りすぐりの男達を(あ、女性もいるか)をご紹介しましょう(笑)。

常念岳 常念岳(じょうねんだけ) 標高 2857m 長野県
「うちから見る常念が一番きれいだ!」 安曇野はじめ周辺の住人をしてこう言わしめる人気者。 もちろん、マイダーリンでもある。 私もうちから眺める常念が一番きれいだと思っている(笑)。 春夏秋冬、朝昼晩、窓からこの山を眺めない日はない。 いつも黙ってそこに居てくれる素晴らしくいいオトコ。
富士山 富士山(ふじさん) 標高 3776m 山梨・静岡県境
  その姿のシンプルな美しさ、ほんとにあなたは日本一。 富士山は、登らずに(以前一度登ったからもういい)その姿を眺めるのが好き。 近くで眺めれば、なぜかすごくおめでたい気分。 遠くから眺めれば、なぜか郷愁。 見るだけでパワーをもらえる不思議な山。
燕岳 燕岳(つばくろだけ) 標高 2763m 長野県
「北アルプスの女王」と呼ばれるその姿。 白い岩肌とグリーンのハイマツが織り成す光景、 さながらビロードのドレスを纏った美しい女性。 初めて北アルプスに登った私を出迎えてくれたのは、 この人でした。 出会った時に一目惚れ。以来ずっと私のお気に入り。
剱岳 剱岳(つるぎだけ) 標高 2999m 富山県
これほど私にストーカーされた山はないでしょう(笑)。 富山平野から、裏剣から、室堂から、別山から、大日から、 唐松から、爺から、白馬から・・・眺めた眺めた。 特に登ってからは、思い入れひとしおとなりました。 どこからでもその姿を探さずにはいられない、そんな存在。 中でも唐松岳から眺める姿が一番好きです。
笠ヶ岳 笠ヶ岳(かさがたけ) 標高 2898m 岐阜県
笠新道をひいこら登った先の播隆平での出会いは劇的。 なんて雄々しく、懐深い山容。 稜線に出ると、一転してその姿は女性的に。 谷へと下りていく緑豊かな斜面がそれは美しく、 私には平安の貴婦人が十二一重の裾をひく姿に見えた。
槍ヶ岳 槍ヶ岳(やりがたけ) 標高 3180m 長野・岐阜県境
その姿は、どこからでもわかるランドマーク。 この山が見えれば周囲の山々がわかる。 俺について来い!ってとこかしら(笑)。 でもこの山は、登るより眺める方がいい。 そのシルエットは、どんな背景を持ってきても絵になる。 青空よし、雲よし、夕焼けよし、朝焼けよーし!
浅間山 浅間山(あさまやま) 標高 2568m 長野県
浅間山って、アフリカちっく。 うっすらと雪を被る時期、特にそう思う。 行ったことないけどね、アフリカ(笑)。 長く裾野をひくその姿は、雄大そのもの。 時々癇癪を起こして周りをびっくりさせてるけど、 雲海に浮かび上がるその姿、それはそれは素敵。
焼岳 焼岳(やけだけ) 標高 2455m 長野・岐阜県境
今時珍しく?熱い人。 山頂付近では、ゴウゴウ煙噴いてます。 が、ひとたび距離を置くと。 風雨が削ったいくつもの筋が作り出す曲線がとても美しい。 シンプルな姿だけに、雪をかぶると一段と美しく、 またなぜか粉砂糖をかぶったケーキに見える(笑)。
北穂高岳 北穂高岳(きたほたかだけ) 標高 3190m 長野・岐阜県境
「北」に魅かれるのか、穂高連峰の中でこの山が一番好き。 小ぢんまりとしてレトロな北穂の小屋が好き。 北穂から眺める滝谷の険しく幽玄な様が好き。 大キレットから槍へと続く稜線を眺めるのが好き。 行くときは、恋しさのあまり?いつも一気に駆け上る。
鷲羽岳 鷲羽岳(わしばだけ) 標高 2924m 長野・富山県境
どこから見ても、かなり格好いい男。 友人が「格好いい」「格好いい」と騒ぐので(笑)、 その存在を知った。姿だけでなく、名前もまた格好いい。 会いにいった時は、ドキドキしましたよ(ウソ)。 その懐に抱えた池には、槍の姿が映るそうな。

powered by flash-bucks.com

フォトフレーム、ポストカードのご注文承ります。

#01 #02 #03 #04 #05
山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ

#06 #07 #08 #09 #10
山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ 山を楽しむ


このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © 2004-2011 Naoko Ito. All Rights Reserved.