またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「途絶えた足跡」

残雪の前常念へ。前夜雪が降って、前常念への急な登りが新雪でふかふかして登りやすい。先行者のトレースは、なし。

前常念下の石室(避難小屋)へ出る辺りで、足跡が現れた。男性のもの、下山する方向の足跡だ。常念から下りてきた人が居たんだな・・・と思ったけど、ん?待てよ??今日は誰ともすれ違ってないぞ??? 前常念への登りは雪でますます道がわかりにくくなっていたので、どこかで気付かないうちに別ルートですれ違ったんだろうか、それにしても気配も音もなかったな・・・などと考えているうちに、石室到着。足跡は、石室の周りをうろうろしている。 私はもうしばらく先まで歩を進めてみたのだけれど、足跡は忽然と消え失せてしまった。常念から来たんじゃないの???。
この日は蝶まで縦走するつもりだったけど、天気が思わしくなかったので、前常念であきらめて下山することに。道々確認してみるが、常念方面にも、下山方向にも足跡はなくて、石室の周りだけ。

私の知らない別ルートを下りて行ったのだろうか、それにしても足跡が全然ないのはおかしい。
今日の足跡じゃないとか?いやこれだけ雪が降った上にはっきり残る足跡、昨日のもののわけがない。
まさか○ーレイ!?いやいやそれなら足跡ないでしょう(笑)。
石室で昨日から過ごしていて今日も滞在とか?あり得ない、意味不明(苦笑)。
まるでふってわいたかのようじゃないか。瞬間移動したとか、飛んできたとか、そんな感じ・・・と考えていて、ハタと思い当たったことが。 朝6:30頃から県警のヘリが飛んでたのよね。前日だか奥穂で遭難があったせいかな、と思ってたんだけど、奥穂方面から帰ってきたらしいヘリが、上空を旋回して常念の方へ向かったので、常念でも遭難があったのかな?なんて思ったのだった。 救助隊の人がヘリから降下し、石室周辺をチェックして飛び去った?まさに、「飛んで」きたわけだ。

でも、これはあくまで想像。真相はミステリー。○ーレイじゃないといいけど(笑)。

・・・と思ったら、ほんとに遭難だったみたい、ニュースに出てた。2日前に単独で入山した人が悪天候で行動できずに石室に避難してたのを県警ヘリが救助したんだって。幸いケガ等はなかったそう。上で書いた「意味不明」がいい線行ってたわけか・・・(笑)。
救出劇、見られず残念。でも居合わせたら怒られたかも(こちらも単独だったので)。
というわけで、ミステリー、解決。めでたしめでたし(笑)?

<<もどる

山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.