またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「松本ナンバーのネームバリュー?」

久しぶりに飯豊連峰へ分け入った。
海から鳥海山を眺めた帰り道、どこへ行ったものか地図を眺めた挙句に決まった(呼ばれた)のは、期せずして「第2回 飯豊はいいで〜」。 この山は〜いろんな意味で一筋縄ではいかないのだ。個人的には、入るのに結構な覚悟がいる。

入山前や下山後、駐車場で他の登山者の方と雑談。すると「松本ナンバーの人なら大丈夫でしょ」とか「松本から来てるなら、それだけ歩けるのも納得」とか。
あれ?松本ナンバーって山ではネームバリューあるの??何その松本ナンバー(北アルプスの山麓から来てる)なら実力もそれ相応でしょ、扱い(笑)。

私個人の意見としては、北アルプスの方が、ある意味飯豊より簡単よ?飯豊は標高こそ北アルプスより低いけど、何て言ったらいいのか、山の厳しさ?ボリュームとか、道の激しさとか、全て自分で何とかしな的な突き放した感とか、北アルプスをはるかに凌ぐと思うんだよね。 東北の山は、山って本来こういうものかなと思わせるんだけど、飯豊はまさにその代表選手。
「第1回 飯豊はいいで〜」の記録:稜線でにんまり♪

思わぬところで「松本ナンバー」による特別扱い?を受けましたが、さてご期待に応えられますやら〜笑。


<<もどる
山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.