またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「先導サービス?」

爺ヶ岳〜冷池山荘は、ライチョウ銀座。
昔、こんな日に登って何が楽しいのって雨降りの日に歩いて、たくさんのライチョウに会った。
全部で15羽くらい。よく考えれば、往復したわけだから、同じ個体に2度会ったのかもしれない(笑)。

ある時、ハイマツの茂みの登山道で、1羽のライチョウが私達を先導し始めた。
ぼてぼてヨチヨチ、前を歩く。一定の距離を保ち、ずっと前を歩く。雨降りだけど、ついて行くのが楽しい。
恐らく、母親が子供達を護るため、私達の目をそらす目的で先導したと思われる。一応逃げてみせているつもりと思われる。
ぼてぼてヨチヨチぼてぼてヨチヨチ、時々振り返りながら前を歩く。 丸々太ってて、おいしそう(笑)。後ろから「食べちゃうよ」とか言ってみる(笑笑)。

と、靴紐がほどけた。立ち止まって締め直し、顔を上げると、件のライチョウが待っている。
「逃げてるんじゃなかったの(笑)?」と歩き出すと、再び先導開始。

やがて登山道が開けると、ライチョウは飛んで逃げてった(ライチョウって飛ぶんですよ)。
束の間の、雨でも楽しい道中、おしまい。

<<もどる
山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.