またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「失礼しました〜!!」

日没近くなって山へ登る。別に意図してるわけじゃないのだけれど、寝坊なのでどうしてもそういう行動パターンになりがち苦笑。

落ち葉散り敷く山道をえっちらおっちら登って行って、ふと顔を上げると向こうからサルがやってきた。
別に珍しいことじゃないし、ただ通過するだけだろうと思っていたら何か様子が違う。 すごく確固たる意志を持って私に向かってくる。
よくわからないけど、雰囲気や行動から、たぶんオス。そしてそのずっと後ろで様子を窺っているのがたぶん彼女(笑)。

あまりの強い意志に、まさか襲ってこないよね?とふと不安になったので、声をかけてみる。
「ごめんね、ただ歩いてるだけなんだけどさ。」
それを聞いて、5mほど先で、サルが座り込み、「不審」とでも言いたそうに鳴いている。
怪しくないですよアピールで、「雪が降ったみたいね。寒くない?だいぶ寒くなったけど、食べ物あるの?」などと世間話(?)を振ってみるが、「おめさま誰だべ、ここは通さん」的な態度は変わらず。
引き返そうかな?とも思ったけど、まだ歩き足りないし、先へ行きたい。
「私そっちへ行きたいんだけどな。通してくれない?」
鳴き声は威嚇ではないものの、確固たる意志は変わらず、簡単に通してくれそうもない。

うーむ・・・。しばらく待つか。ああそうだ、こんな間近にいるんだし、それなら写真でも、、、と思ってリュックからカメラを出す。
「写真撮らせて、写真。これ、カメラね。」と説明しながらカメラを構え、「はい、チー・・・」
「ズ」と同時にサル、猛ダッシュでまさかの逃走!

え・・・ええ!?「ここを通さない」確固たる意志は!!?
呆然としつつ、走り去った2頭のサルに、「ごめん、驚かせちゃったね、、、」(もういないけど苦笑)。
ま、全くその意図はなかったんだけど、結果道を空けてもらえたのでよしとするか・・・苦笑。
「魂取られる〜!!」とかだったのかな苦笑。
そんなにびっくりするとは露程も思わず、失礼しました〜!!

<<もどる
山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.