またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「財布忘れて、手袋忘れた」

南アルプス山中にて、雨天予報に阻まれて、志半ばで帰路につく。
コースタイム17時間を歩くため、まだ暗いうちから小屋を出る。暗がりの中、ヘッドランプで道を照らし、えっちらおっちらと来た道を登る。はぁ〜、せっかくここまで来といてザンネンだなぁ。ていうかほんとに17時間も歩けるかなぁ。そんなことを考えながら30分ほど登って、ふと。あれ?財布どうした??持ってない???
うぁー!枕元に置いたままだー!!
17時間歩かなきゃいけないのに、財布取りに帰ったら、早くも1時間以上のロス!?しかし、車の鍵、家の鍵、全部財布の中。取りに帰らないことにはどうしようもない、選択の余地、全くなし。
ザックを背負ったまま、急ぎ足で来た道を下りだす。ああもうなんで財布忘れるかな!!!自分自身に腹を立てながらしばらく下ってから、まてよ、何もザック背負って下りることないんだな、と思いつく。
ああもう何でザックをデポすること思いつかないかな!!!とまたまた自分自身に腹を立てながら、小屋へと戻る。あったあった、財布ありました。あーよかった助かった。
さてさて、では戻るか。で、再び来た道を歩き出す。今度は空身なので、少し楽ちん。それにしても本日の行程を考えると、この1時間のロスは大きいぞ・・・。
デポしたザックを回収し、さて手袋をしようと思ったら、今度は手袋がない。・・・。そういえば、小屋で財布を回収する時に、脱いで横に置いたような・・・。もはや本日の私に手袋を取りに帰る時間の余裕などなく、あきらめるしかない。 途中、その小屋の従業員の子(前夜同宿だった)に会ったので、手袋はその子にもらってもらうことにしました。

財布を忘れる→財布を取りに帰って、手袋を忘れる→手袋を取りに帰ったら、今度は何を忘れてきたのだろう。
だめだこりゃ〜(苦笑)。


<<もどる
山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.