またあるときは登山ガイド、森林セラピスト。信州を中心に森と山をご案内♪

■ 山のよもやまばなし − 「カメラ忘れた・・・と思いきや」

すっごーい上天気の日、栂池自然園へ。
白く輝く白馬三山が美しく、絶好の写真日和・・・なわけだけど、この日はうっかりカメラを忘れてきた。
歩いていて何度も「ああ、この風景撮りたい!」という場面に出会うのだけど、何せカメラがないので撮りようがない。
時々思うのだけど、写真を撮ることに夢中になると、案外その場面を記憶していないことがある。 風景っていうのは、景色に加えて、その時の空気とか風とかそういったものもまとめて空間的に記憶するんだと思うのだけど、ファインダー覗くのに忙しすぎちゃうと、残ってるのは写真だけで、記憶が全くない時なんかがある。 そういうことに対する自戒の意味も込めて、「今日は景色をしっかり感じなさいってことだな」と自分を納得させる。 それでもカメラがあったら絶対撮ったであろう景色をただ眺めるのは、やはりはがゆく口惜しい(苦笑)。 カメラを構えていたら見つけられなかったであろうシーンを見つけるために無理にきょろきょろしたりして(笑)。
で、そんな葛藤の道中を終えて帰ってきてみれば、リュックの中にちゃんとカメラが入っていたりするんですね〜これが。 つまり、「ない」と思い込んで一日中カメラ背負って歩いていたわけ。

教訓:「絶対に忘れてきた」と思っても、一度『徹底的に』探してみよう。案外「思い込み」の仕業だったりします。


<<もどる
山のよもやまばなしTOP
このページに掲載されている画像・写真画像の著作権はすべてサイト運営者に帰属します
無断での転載・ダウンロードはご遠慮下さい
Copyright © Naoko Ito. All Rights Reserved.